*

新築住宅のコストダウンを屋根にかかる部分で考えてみた:2【軒出をカットする】

こんちにはー。
屋根セイバーズの神谷英嗣です。

新築住宅のコストダウンを屋根にかかる部分で考えてみたシリーズ、その2です。
前回は屋根全体の勾配(角度)を緩くすることでコストダウンはできるけど、雨漏りリスクは高くなっちゃうからオススメしません。っていう記事でしたが、今回は軒先の出てる部分の寸法をカットする方法で考えてみます。

軒出(のきで)とは

まずその前に軒出(のきで)の説明をしますね。
住宅の屋根には、外壁部分から庇(ひさし)が出ています。この部分のことを軒出(のきで)と言います。

DSC_0252

この軒出は、古くからある日本家屋では軒出寸法が大きくて深いものが多く、最近の住宅では軒出寸法が短くて浅い建物が多いです。
もしかすると、コスト的な要素が強くて短くなってきてるのかもですね。

軒出をカットしてコストダウン

軒出の寸法を短くすることを軒出カットとか言います。軒出を通常よりも短くするとカットした分だけ屋根面積が減るので結果的にコストダウンになります。

どれくらいの面積が減るのかをちょっとシミュレーションしてみました。

床面積を8m✖️10m=80㎡
寄棟屋根で屋根勾配を4.5寸とすると

軒出を200mmとして勾配伸び率を掛けると屋根面積は95.83㎡となる。
軒出を1000mmとすると勾配伸び率を掛けたて屋根面積は131.64㎡となる。
35.81㎡の差となるんですね。

数字だけ見ると結構コストダウンができそうです。
でもね、注意して欲しいことがあるんです。

IMG_5575

軒出による様々なリスク

単純にコストダウンのために軒出を短くしちゃっていいのかというと、僕はノーと答えます。
軒出を短くすることによって様々なリスクがあるからです。

雨漏りリスク

極端に軒出を短くすると、台風などで影響を受けやすい一番先端の軒先部からの雨漏りのリスクが高まります。
壁と軒部の裏側の取り合い部分に水が流れる量が増えることが考えられ、雨漏りにつながる可能性があります。

日差しで暑い

軒出が短くなることにより、日光が直接窓を通して入ってくる量が増えるため夏場はとっても熱くなります。
昔の日本家屋は軒出が深い理由は、夏場の暑さを和らげるために日陰を多く作るためなんです。冬場は逆に太陽が低いので軒出が深くても室内に光が届くという日本人の知恵が込められてるんです。

雨天時に窓が開けられない

これは住んでみないと分からないかも知れませんが、軒出が少ないと雨天時に窓を開けると雨が室内に入ってきてしまいます。以前住んでたアパートの窓が軒出の少ない側についてて、窓を開けたまま出掛けた時にビチャビチャになってしまったんです。。。窓を開けて風を室内に通したい派の僕にはこれはキツかったっす。

外壁の汚れや劣化

軒出を短くすると、外壁に当たる雨の量や紫外線などの量が増えるため汚れや劣化が早いです。
直射日光や雨がガンガン当たる環境と日陰だったら劣化の違いが出るのは感覚的にも分かってもらえるかなぁ?外壁の劣化が早くて塗り替えの周期が短くなってしまって金額が高くついちゃうかもですね。

IMG_5572

あとがき

軒出を短くするとコストダウンはできます。
ですが、極端に短くするとその分だけリスクが増えるので、僕としては600mmくらいは欲しいなって思います。

住宅購入は高額なお買い物だからコストダウンのことを考えるのは大切だと思います。
でも、コストダウンばかりに目がいくのはちょっと寂しいなって感じてます。これから楽しい新居での生活を夢見てるところでコストダウンの話ばかりでは、そこでの生活もちょっと寂しく感じちゃうかな。
「高額になっちゃったけど、コレにして良かったよな」とか「やっぱりコレを付けておいて良かったね」っていう会話が出るような住まいづくりができたら最高だよなって妄想してます。

妄想ついでに突然の雨で軒先で雨宿りをして出会う的なドラマも妄想しちゃうんですが、軒出が少なかったら雨宿りできないので、やっぱり軒出が深い家っていいなぁーー。

a0007_000246

それでは、またっ!

The following two tabs change content below.
神谷 英嗣

神谷 英嗣

代表取締役社長株式会社 山平
㈱山平の神谷英嗣です。瓦屋に生まれ、瓦に囲まれて成長し、住宅営業マンを経験してから、瓦業界に戻って早10年が経過しました。小学一年生からやっている野球をはじめとして、フットサル・スノーボードなどなどスポーツで身体を動かすのが趣味です。チームスポーツが大好きで、仲間と一緒に目標に向かって進んでいくのが大好きです。地震が来るたびに瓦屋根が悪者にされがちですが、本当はそんなことないんですよ。皆様の守る大切な瓦屋根のことを正しくお伝えし、家族の幸せな住まいを守っていきたいと思います。屋根に関する悩みはお気軽にご相談下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

image

安田瓦協同組合さんのパンフレットが面白すぎる件。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

B68ED708-ED91-4FC6-8012-8CB234C1612D-600x600

雪の重みで半月鬼が外れてしまうケースが増えています。修理事例のご紹介。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

image

「お寺の山門の瓦が落ちてきそうな状態」その原因と修理事例。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

image

淡路島西淡三原インター横は瓦三昧!瓦の質感を堪能できます!

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

IMG_3851

大雪の後は屋根に雪が積もっています。天気が良くなっても気をつけて欲しいこと。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • feedly
  • livedoor
  • rss
90990CBB-9D79-40F2-9CB4-7A1D5B8F3008
僕らにとっての当たり前は一般の方にとってはそうじゃなかった。【朝のラジオ体操】

おはようございまーす。 瓦伝道師の神谷英嗣です。 先日、窯で瓦

トクサンTV【A_R】_-_YouTube
草野球Youtuber「トクサンTV」に大ハマり中です。

こんにちはー。 瓦伝道師の神谷英嗣です。 今日は最近大ハマりし

IMG_6815
瓦工事店視点でHP(ホームページ)やSNSについて考えてみました。

こんにちはー。 瓦伝道師の神谷英嗣です。 今日は昨日の続き的な

IMG_6829
カラダにやさしくて美味しいマザーズランチのお弁当を食べながら感じたこと。

こんにちはー。 瓦伝道師の神谷英嗣です。 先週、ついに念願叶っ

IMG_6492
僕は仲間と一緒に楽しみや喜びを共有するのが好きです。

こんにちはー。 瓦伝道師の神谷英嗣です。 今日はめっちゃ個人的

  • Instagram
PAGE TOP ↑