*

「地震に強い三州瓦」これからは既存住宅の棟の改修工事が課題。

公開日: : 最終更新日:2017/03/11 瓦業界の話 , , , , , , , , ,

こんにちはー。
屋根セイバーズの神谷英嗣です。

今日で、東日本大震災から6年が経ちました。記憶から薄れつつある部分もありますが、日本人として忘れてはならない日でもあるのかなと思います。震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

新工法で892棟再建

3月7日の中日新聞に三州瓦「地震に強い」という記事が掲載されていました。瓦関係者の方々がSNS上でシェアをしていましたので、僕もお知らせしたいと思います。
記事の内容は、愛知県陶器瓦工業組合と高浜市が協力をして、東日本大震災で全半壊した住宅を再建する際に最大10万円を支援させていただいたことと、3年間で岩手・宮城・福島の3県の合計892棟に対して支援させていただいたことでした。

この892棟は地震に対して強いガイドライン工法(耐震工法)で施工がされています。
申請書にも施工途中の現場写真も添付してもらい、僕らも確認をしています。この892棟は釘や金物で屋根に固定されているので、この瓦屋根には大きな被害は出ないはずです。
近年起きる地震の際に、ガイドライン工法(耐震工法)で施工されている物件には屋根被害がほとんど出ていないという実績もあるのでご安心いただきたいです。

IMG_4952

次の課題は既存住宅の瓦屋根の耐震化

現在の新築住宅の多くの屋根は新工法で施工されていますが、問題は旧工法で施工された古い住宅です。
古い工法の土葺き屋根で施工されている瓦屋根を現在のガイドライン工法(耐震工法)へのリフォームをどう進めるかが大切だと思います。
地震が来る前に、できることならば先に耐震化を進めておくことによって、被害を減らすことができるのですが、予算などの面もありなかなか進んでいない現状も感じています。
屋根の重さも土葺き工法からガイドライン工法に変えることによって葺き土が必要なくなるため、全体の重さが約半分になります。これだけでもかなりの軽量化になりますよね。そして釘で固定することによって滑落も防止できます。既存住宅の耐震化が進められれば地震がきた時の被害も減らせると僕は信じています。

参考記事 → 瓦が落ちたりズレを起こすのは、昔の工法で建てられているからです。

鳥取地震で被害が出た「屋根瓦」を検証した報道がされました。正しい内容の報道は初めてのこと。

棟部分の被害が多い理由

大きな地震が起きると瓦が崩れたと言われることがありますが、実は多くの場合は棟と呼ばれる部分に被害が集中していました。こちらの動画は3年前に展示会場にて作成した動画ですが、棟瓦が崩れてしまった理由を約1分で説明していますのでご覧くださいませ。

もう少し細かく知りたいという方はこちらの記事をご覧くださいませ→ガイドライン工法を用いた瓦屋根が地震に強いのは「棟」と「躯体」が一体化するからです。

あとがき

このブログを書きながら一番感じたのが、これから先の地震被害を減らすためにも既存住宅の瓦屋根のリフォームを推奨していくことが大切ってこと。
それが僕の携わる瓦業界として取り組めることではないかと思います。

新築の仕事が減ってきているから瓦の葺き替えリフォームを増やしたいという気持ちが無いわけではありません。でも、そんな目先のことではなく地震被害を減らすために先に出来ることがあるんだったら、取り組みたいって思います。
1件でも地震被害を減らすことができれば、悲しむ方を減らせるんだって信じてます。いつ起きるか分からないと言われている地震ですが、今できることから進めていきたいと思います。

それでは、またっ!

The following two tabs change content below.
神谷 英嗣

神谷 英嗣

代表取締役社長株式会社 山平
㈱山平の神谷英嗣です。瓦屋に生まれ、瓦に囲まれて成長し、住宅営業マンを経験してから、瓦業界に戻って早10年が経過しました。小学一年生からやっている野球をはじめとして、フットサル・スノーボードなどなどスポーツで身体を動かすのが趣味です。チームスポーツが大好きで、仲間と一緒に目標に向かって進んでいくのが大好きです。地震が来るたびに瓦屋根が悪者にされがちですが、本当はそんなことないんですよ。皆様の守る大切な瓦屋根のことを正しくお伝えし、家族の幸せな住まいを守っていきたいと思います。屋根に関する悩みはお気軽にご相談下さい。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

image

ZIP-FM番組『JAPAN IS BEAUTIFUL』は愛知県陶器瓦工業組合の提供番組です。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

20150728_103226

東京都内飯田橋にある瓦業界人の聖地。

宇佐見隆志 宇佐見隆志

記事を読む

20160322120649677_0001

住宅リフォームでおじいちゃん、おばあちゃんの好感度が上がるらしい。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

IMG_4838

建築建材展2017in東京ビッグサイトに三州瓦ブースを出展します。

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

直線美

瓦屋根の美しさの必須条件は線の美しさ

神谷 英嗣 神谷 英嗣

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • feedly
  • livedoor
  • rss
IMG_5291
Father’s DriveのCM動画、娘を持つパパとしては感動モノでした!

こんにちはー。 屋根セイバーズの神谷英嗣です。 Youtube

IMG_2464
【修理事例】雨漏りとか不具合が出てからではなく、予防のための屋根修理依頼。

こんにちはー。 屋根セイバーズの神谷英嗣です。 今日は現場の修

IMG_5279
瓦の耐久年数、CASBEEでは60年と評価されてます。

こんにちはー。 屋根セイバーズの神谷英嗣です。 先日、お墓参り

IMG_5267
瓦屋根の重さは以前と比べてどれくらい軽くなってるのか?

こんにちはー。 屋根セイバーズの神谷英嗣です。 3月は本当にイ

IMG_5262
飾り瓦コンクール作品をオークションでゲットっす!

こんにちはー。 屋根セイバーズの神谷英嗣です。 日曜日にまで開

  • Instagram
PAGE TOP ↑